IZUMI JUNIOR HIGH SCHOOL 本文へジャンプ
ホームへ


校訓・教育目標・学校経営方針




自主・責任・協力

キャッチフレーズ:「めざせ、日本一!」



 

 令和元(平成31)年度  行橋市立泉中学校 学校経営方針


1 学校経営の基盤


 (1)公立学校としての学校
  ○ 学習指導要領や福岡県教育施策・行橋市教育施策を踏まえ、本校の教育目標の具現化に努める。

 (2)現代社会の要請に応える学校
  ○ これからの時代に求められる資質・能力を身に付け、社会の変化に主体的に対応できる
   心豊かな生徒の育成を図る。
  ○ 知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」の育成や、そのための知識及び技能の習得と、
   思考力・判断力・表現力等の育成、学びに向かう力、人間性等の涵養という、いわゆる資質・能力の
   三つの柱をバランスよく育成する。

 (3)生徒の実態や地域の実情に即し、家庭、地域社会と連携する学校
   ○ 生徒が、将来にわたりたくましく生き抜くことができる資質・能力を身につけることができるように、
   家庭・地域社会と連携・協働した教育活動を推進する。

2 学校教育目標

  
「創造的な知性と心豊かな感性も持ち、自主自律の精神に富み、健康で実践力のある生徒を育てる」

             
             校訓:「自主・責任・協力」  キャッチフレーズ:「めざせ、日本一!」

3 具体目標

    
 (1)目指す生徒像
    ○ 自ら進んで学習に励む生徒
    ○ 明朗で心豊かな生徒
    ○ 心身共に健康でたくましい生徒
    ○ 人権を尊重する生徒


 (2)めざす学校像
    ○ だれもが楽しく学べる学校
    ○ 活力ある明るい学校
    ○ 保護者や地域から信頼される学校


 (3)めざす教師像
    ○ 教育愛に燃え、信頼に応えうる教師
    ○ 心身共に健康で豊かな感性を持つ教師
    ○ 自ら研修に励み、日々向上する教師


4 学校経営の方針

 (1) 教育目標具現化のために、学習指導要領の趣旨に基づき、調和のとれた教育課程の
  編成・実施・評価を行い、確かな学力の定着を図る。
 (2) 生徒理解に努めるとともに、教師と生徒の信頼関係を築き、生徒一人一人を大切にした教育を
  推進する。
 (3) 教育専門職としての使命感と責任感をもち、学校の教育力を高める研修の充実を図る。
 (4) 経営の組織化と効率化を目指し、計画的かつ協働による教育活動を推進する。


5 本年度の重点目標

 (1)基礎・基本的な知識・技能を身に付け、自分の考えをもち、表現する生徒の育成
 (2)豊かな心をもち、自他を尊重し、自立する生徒の育成


6 重点目標達成のための経営の方針

 (1)基礎・基本的な知識・技能の定着を図る指導の充実
 (2)思考力・判断力・表現力を高める指導の充実
 (3)他者との良好な関係や生活習慣・価値観を育成する指導の充実